光シンセサイザ

 モードロックレーザと呼ばれるパルスレーザは,非常に正確な時間間隔で光パルス列を放射する. これを周波数軸にフーリエ変換した姿は多数の連続波レーザの集合体で, 一定の周波数間隔で発振していてその形状から光コム(櫛) と呼ばれる. この光コムの櫛の歯がちょうど物差しの目盛りの様な役割をし,それまで困難であった光領域での周波数計測に用いられている.本研究室では, 原子時計やGPS などの安定なマイクロ波源を基準発振器として用い,任意の周波数の高安定なレーザ光を発生させたり, 逆に周波数を安定化したレーザ光を用いて高安定なマイクロ波を発生させたりするための研究を行っている. 光コムは, 波長多重光通信への利用も考えられており, 応用面へのアプローチも考えたい.